2019年08月15日

スマホポーチ財布の修理改造

以前、恩師にプレゼントしたスマホポーチ財布。ご愛用頂いていたのですが、スマホを買い換えたらスマホが大きくてベルトが締まらなくなってしまったとのこと。

今のスマホのサイズ(ケース込)を伺って厚紙で箱を作って入れてみると、確かにベルトのボタンが届かない。今回のケースでは長さ方向だけ寸足らずなので、ベルトを長いものに交換する改造をご提案しました。
s20190815_1.jpg

スマホ用の内ベルトと、フラップのボタンベルトを外します。
s20190815_2.jpg s20190815_3.jpg

新しい型紙と比較。縫い目にして4目、16mmずつ長くしています。
s20190815_4.jpg

まずは型紙を仮止めしてサイズ確認、いずれも上手く留まりそうです。
s20190815_5.jpg s20190815_6.jpg

この型紙で新しいベルトをこしらえました。1年以上使って頂いてヌメ革の色目が少し変わっていますので、新しいベルトにニーフットオイルを重ね塗りして本体と色目を近づけてから、レザーフィックスで保護しました。
s20190815_7.jpg

また、ベルト側の接合具の革が薄くてヨレヨレになっているとのことでしたので、2mm厚のヌメ革で新調。前回は確か1.6mm厚を使ったと思いますが、スマホポーチ自体が結構重くなるので耐荷重不足だったようです。今回のものはだいぶんしっかりしています。これでダメなら、カタメール固くするしかないかな?
s20190815_8.jpg s20190815_9.jpg

ということで、完成。
s20190815_10.jpg


後日、新しいスマホがしっかり入った旨のご連絡頂きました。
ありがとうございました。
posted by sabimaster at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | レザークラフト

2019年08月05日

プチ改造

2017年に製作した自分用のスマホポーチ財布ですが、ベルト側の保持具に金属部品を結構使っているので、飛行場の保安検査ではベルトから外す必要がありました。
s20190805_1.jpg

普段の国内出張ならまあそれでもいいんですけど、この夏は家族で海外旅行へ行くことになり、保安検査所をスムーズに突破するため、保持具をやめて肩掛けポーチとしても使えるようにプチ改造することにしました。

小さいDカンに10mm幅の革を通して接着して…
s20190805_2.jpg

ポーチの裏側にポンチで穴を開けて…
s20190805_3.jpg

Dカンを固定します。
s20190805_4.jpg

肩掛け用のベルトは幅12mmの革製です。
s20190805_5.jpg s20190805_6.jpg

さて、これで旅行準備もバッチリかな。
posted by sabimaster at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | レザークラフト

2019年06月29日

スマホケース(SH-01K用)の製作〜その2

妻よりオーダーを受けていたスマホケース。
その後、仕事が忙しかったりでなかなか進まず…でしたが、何とか誕生日当日に仕上がりました。
かなり突貫工事で突き進んだので、製作途中の写真はすっとばしです。(^^;)

まず表裏。1.3mm厚のヌメ革を縫い合わせており、表側にはスタンピングで帯状に格子柄を装飾し、表側の下には名前を刻印しています。
s20190629_1.jpg s20190629_2.jpg

内側。スマホ保持側は透明プラスチック製のハードケースを強力両面テープで貼り付けています。カメラ用の開口部はハードケースの穴に合わせて開けました。カバー側の裏にはポケットが2つ。一つはICカードなどを入れるもので、チャージの際に取り出しやすいよう指穴を開けています。その後ろには、レシートや絆創膏などよろず収納用の全面ポケットが1つ。
s20190629_3.jpg

閉じたときにベルトの厚みが引っかかるのが嫌だと仰るので、マグネット式ベルトは側面に小さく…。φ5mm×0.8mm厚のネオジム磁石を前後各1つ仕込みましたが、吸着力はイマイチ…。無い方がすっきりしたかも?
s20190629_4.jpg
タグ:誕生日
posted by sabimaster at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | レザークラフト

2019年05月18日

スマホケース(SH-01K用)の製作〜その1

妻より、市販の手帳型ケースはポケットが使いにくくて合皮も銀面が剥けてボロボロになるので、本革のを作って欲しい…とのリクエストをもらいました。
ちょうど誕生日前でもあったので、ヌメ革を使ったケースを作ってプレゼントすることになりました。

まずは型紙試作。
s20190518_1.jpg s20190518_2.jpg

市販のケースにありがちなマグネットベルトは鞄の中で引っかかりやすいので要らないということだったのですが、何も固定しないとどうしてもパカパカするので、ICOCAなどを入れてると落としやすくなります。よくよく聞いてみると、表裏のベルト縫い付けられている箇所が分厚くなって引っかかりやすいらしいので、小さな磁石を使って側面に固定ベルトをつける工夫してみました。
s20190518_3.jpg s20190518_4.jpg

また、すっぴんではなく和風な柄を付けて欲しいとの贅沢素敵なご要望も頂いたので、スタンピングにもチャレンジすることに…
s20190518_5.jpg

果たして、誕生日会に間に合うのか?(^^;)
posted by sabimaster at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | レザークラフト

2019年04月11日

スマホポーチ財布(自分用)3号〜型紙編3

ええかげん本番作れよ…といわれそうですが、しつこく型紙で検討です。
今回の型紙が通算Ver.7今回のモノは大分満足いくものになりました。
s20190411_1.jpg

スマホポケット部には、札入れ展開時にスマホが滑り落ちないように幅広のベルトをつけます。
s20190411_2.jpg

背面は、ベルト装着用の網ナスカンと、肩掛けにするときのDカンを付けます。
s20190411_3.jpg

札入れ部はマチ付きで、カードポケット×2。
s20190411_4.jpg

現行モデル(2号)との比較。
札入れを二つ折りにすることで小型化には成功しています。
s20190411_5.jpg s20190411_6.jpg

腰に下げた感じ。
新作は、ちょっと低すぎる感じなので、金具位置を再調整かな。
s20190411_8.jpg s20190411_7.jpg
posted by sabimaster at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | レザークラフト

2019年04月04日

スマホポーチ財布(自分用)3号〜ファスナーテープの処理実験

今回は札入れを変則二つ折りにしてファスナーで閉じる設計のため、ファスナーの付け方がちょっとイレギュラーです。
そのため、ファスナーのテープ端をコバの中へ折り込んで隠すのが上手くいかず、色々悩んでたのですが、「それなら、札入れを2枚合わせにせず、1枚を折り返してコバをつくらなければええやん!!」と閃いて、端革で確認してみたのがこちら。型紙試作品と重ねてみても、良い感じです。
s20190404_9.jpg s20190404_10.jpg

端革にファスナーを仕込む溝を作ってファスナーを接着します。縫い穴は接着前に予め開けておきます。今回はユザワヤで見つけレザークラフト専用ボンドを使用します。接着する両面に塗って透明になるまで乾かしてから圧着するので、貼り合わせ時期はわかりやすいですが、値段はGクリアの3倍です。
s20190404_1.jpg s20190404_2.jpg

まず、右側を良いところまで縫って…
s20190404_3.jpg

次に左側を縫っていきます。
s20190404_4.jpg

ファスナー部分が縫えたら、革を二つ折りにして更に縫っていきます。右側の縫い目はもう一目縫っておかないと、縫い目がつながりませんでした…本番では気をつけよう。orz
s20190404_5.jpg

角のアール部分は縫った後で切り落としますが、二つ折りの部分は切れ目を入れておいた方が縫いやすいです。
s20190404_6.jpg s20190404_7.jpg

最後にアール部分から出てくるコバを磨けば完成。
s20190404_8.jpg
posted by sabimaster at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | レザークラフト

2019年04月02日

スマホポーチ財布(自分用)3号〜型紙編2

先日に続いて、型紙ベースでの検討です。

このモデルでは、スマホポケットのフラップ部分が二つ折りの札入れになっており、さらにポーチとして腰からぶら下げるため、中身が見えないよう口をファスナーで閉じる仕様になっています。
フラップ(=札入れ)を閉じるときにファスナーがフラップに沿うよう、エレメントが上向けきになるようにテープの片側を折り返して縫い付けます。このまま端まで縫い込むとテープ端がコバの間から垣間見えてしまいますし、かといって見えないようにコバの中に折り込んで隠そうとするとエレメントの根元でテープがねじれてしまう難点がありました。
s20190402_1.jpg

悩んだ末に閃いたのは、コバを作らない方法。
すなわち、ファスナーを境に2枚の革を合わせて札入れを作るのではなく、1枚革に穴を開けてファスナーを縫い込み、半分に折って札入れにします。細かいコバの部分を縫わなくて良くなるので縫製の難易度も下がります。(写真の矢印の部分)
s20190402_2.jpg s20190402_3.jpg

長財布ではよく使われる縫い付け方ですが、エレメントを中心に左右対称に折る長財布と違って、今回はエレメントが寝るように中心をずらせて折る必要があります。型紙ベースでは上手く折れますが、革は厚みがあって紙ほどクッキリ折れないので、この部分の仕上がりがどんな雰囲気になるか?ですね。

posted by sabimaster at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | レザークラフト

2019年03月31日

スマホポーチ財布(自分用)3号〜型紙編1

過去1年半ほど、自分用のスマホポーチ財布は『ラウンドファスナー長財布タイプ』の改良版(2号)を使ってきました。
『長財布タイプ』は札が折れない利点はあるものの、札の中で一番の大きな一万円札の長さが160mmなので、全札種をしっかり入れられるようにするには18cm以上(20cm前後)のポーチ長が必要になってきます。肩掛けポーチなら全然問題ない大きさなんですが、腰に下げるウエストポーチとして使うには、このポーチ長さが結構邪魔になります。
s20170702_10.jpg s20171221_10.jpg

そこで札長さの制約をクリアして小型化を目指して作ったのが、スマホポケットのフラップと札入れを一体化した『変則二つ折りタイプ』なんですが、以前作ったモノは札入れのマチがなく、ファスナーのスライダーとポケットが干渉して中身を出し入れしにくい欠点がありました。
s20171124_7.jpgs20171124_6.jpg

これらの反省点を生かし、より快適なスマホポーチ財布ライフを満喫するため、今回は『変則二つ折りタイプ』をベースに、より小型化した上で、札入れへのアクセスも改善した自分用3号を作ってみることにしました。


と、前置きが長くなりましたが、今日は型紙ベースでの検討です。

まず、スマホポケットの底を「箱マチ」にして札入れの底と縫製を一体化することで約2cmの長さ圧縮、そして上辺もラウンドファスナー式の長財布を変則二つ折りにすることで約2cmの圧縮で、ポーチ全体の全長を約20cm→約16cmまで圧縮できました。(ファスナーの取付位置の関係でファスナーテープが札に干渉しないよう幅は+4mmです)
s20190331_1.jpg s20190331_2.jpg

次に札入れへのアクセス改善。左側は「マチあり」、写真右側は従来の「マチなし」です。
従来の「マチなし」ではファスナーを閉じたときにスライダーをフラップ側に寄せるデザインでしたが、「マチあり」では底付近に切れ込みを入れてマチを仕込むため、ファスナーを閉じたときにスライダーがポーチ背面に寄るデザインになりました。
s20190331_5.jpg

同じく、左側が「マチあり」右側が「マチなし」です。アクセスのしやすさは一目瞭然ですね。
s20190331_3.jpg s20190331_4.jpg

また、ファスナーの材質も、レザークラフトで一般的な金属ファスナーより樹脂製のコイルファスナーの方がテープが薄手ですっきりします。ということで、今日はここまで。
posted by sabimaster at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | レザークラフト

2019年03月29日

駐輪場シールプレート

駅前の月極駐輪場では、自転車に契約期限のシールを貼る必要があります。
このシールが曲者で、契約更新してシールを貼り替える度に糊や台紙の一部が残ったり、あるいはシール部分だけ日焼けの加減が違って跡が残ったり…となります。

そこで、2mm厚の革でこんなモノを作ってみました。
s20190329_1.jpg

ちょうどシールを貼れるサイズのレザープレートです。
s20190329_2.jpg

これを自転車に下げておけば、本体にシールを貼らなくても識別できますし、自転車を買い換えても一度剥がしてヨレヨレになったシールを貼らなくて済みます。(一応、プレートを盗まれないようにダイヤルキーで自転車に固定しています)
s20190329_3.jpg
posted by sabimaster at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | レザークラフト

2019年03月26日

箱マチの試作練習

ちょっと思うところがありまして、端切れを使って王道の箱マチを試作練習。
初めてにしてはボチボチかな?
s20190326_1.jpg

しかし、まだ底と側面を合わせる部分の革厚の逃がし方がいまいちシックリしません。
posted by sabimaster at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記