2019年04月11日

スマホポーチ財布(自分用)3号〜型紙編3

ええかげん本番作れよ…といわれそうですが、しつこく型紙で検討です。
今回の型紙が通算Ver.7今回のモノは大分満足いくものになりました。
s20190411_1.jpg

スマホポケット部には、札入れ展開時にスマホが滑り落ちないように幅広のベルトをつけます。
s20190411_2.jpg

背面は、ベルト装着用の網ナスカンと、肩掛けにするときのDカンを付けます。
s20190411_3.jpg

札入れ部はマチ付きで、カードポケット×2。
s20190411_4.jpg

現行モデル(2号)との比較。
札入れを二つ折りにすることで小型化には成功しています。
s20190411_5.jpg s20190411_6.jpg

腰に下げた感じ。
新作は、ちょっと低すぎる感じなので、金具位置を再調整かな。
s20190411_8.jpg s20190411_7.jpg
posted by sabimaster at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | レザークラフト

2019年04月04日

スマホポーチ財布(自分用)3号〜ファスナーテープの処理実験

今回は札入れを変則二つ折りにしてファスナーで閉じる設計のため、ファスナーの付け方がちょっとイレギュラーです。
そのため、ファスナーのテープ端をコバの中へ折り込んで隠すのが上手くいかず、色々悩んでたのですが、「それなら、札入れを2枚合わせにせず、1枚を折り返してコバをつくらなければええやん!!」と閃いて、端革で確認してみたのがこちら。型紙試作品と重ねてみても、良い感じです。
s20190404_9.jpg s20190404_10.jpg

端革にファスナーを仕込む溝を作ってファスナーを接着します。縫い穴は接着前に予め開けておきます。今回はユザワヤで見つけレザークラフト専用ボンドを使用します。接着する両面に塗って透明になるまで乾かしてから圧着するので、貼り合わせ時期はわかりやすいですが、値段はGクリアの3倍です。
s20190404_1.jpg s20190404_2.jpg

まず、右側を良いところまで縫って…
s20190404_3.jpg

次に左側を縫っていきます。
s20190404_4.jpg

ファスナー部分が縫えたら、革を二つ折りにして更に縫っていきます。右側の縫い目はもう一目縫っておかないと、縫い目がつながりませんでした…本番では気をつけよう。orz
s20190404_5.jpg

角のアール部分は縫った後で切り落としますが、二つ折りの部分は切れ目を入れておいた方が縫いやすいです。
s20190404_6.jpg s20190404_7.jpg

最後にアール部分から出てくるコバを磨けば完成。
s20190404_8.jpg
posted by sabimaster at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | レザークラフト

2019年04月02日

スマホポーチ財布(自分用)3号〜型紙編2

先日に続いて、型紙ベースでの検討です。

このモデルでは、スマホポケットのフラップ部分が二つ折りの札入れになっており、さらにポーチとして腰からぶら下げるため、中身が見えないよう口をファスナーで閉じる仕様になっています。
フラップ(=札入れ)を閉じるときにファスナーがフラップに沿うよう、エレメントが上向けきになるようにテープの片側を折り返して縫い付けます。このまま端まで縫い込むとテープ端がコバの間から垣間見えてしまいますし、かといって見えないようにコバの中に折り込んで隠そうとするとエレメントの根元でテープがねじれてしまう難点がありました。
s20190402_1.jpg

悩んだ末に閃いたのは、コバを作らない方法。
すなわち、ファスナーを境に2枚の革を合わせて札入れを作るのではなく、1枚革に穴を開けてファスナーを縫い込み、半分に折って札入れにします。細かいコバの部分を縫わなくて良くなるので縫製の難易度も下がります。(写真の矢印の部分)
s20190402_2.jpg s20190402_3.jpg

長財布ではよく使われる縫い付け方ですが、エレメントを中心に左右対称に折る長財布と違って、今回はエレメントが寝るように中心をずらせて折る必要があります。型紙ベースでは上手く折れますが、革は厚みがあって紙ほどクッキリ折れないので、この部分の仕上がりがどんな雰囲気になるか?ですね。

posted by sabimaster at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | レザークラフト

2019年03月31日

スマホポーチ財布(自分用)3号〜型紙編1

過去1年半ほど、自分用のスマホポーチ財布は『ラウンドファスナー長財布タイプ』の改良版(2号)を使ってきました。
『長財布タイプ』は札が折れない利点はあるものの、札の中で一番の大きな一万円札の長さが160mmなので、全札種をしっかり入れられるようにするには18cm以上(20cm前後)のポーチ長が必要になってきます。肩掛けポーチなら全然問題ない大きさなんですが、腰に下げるウエストポーチとして使うには、このポーチ長さが結構邪魔になります。
s20170702_10.jpg s20171221_10.jpg

そこで札長さの制約をクリアして小型化を目指して作ったのが、スマホポケットのフラップと札入れを一体化した『変則二つ折りタイプ』なんですが、以前作ったモノは札入れのマチがなく、ファスナーのスライダーとポケットが干渉して中身を出し入れしにくい欠点がありました。
s20171124_7.jpgs20171124_6.jpg

これらの反省点を生かし、より快適なスマホポーチ財布ライフを満喫するため、今回は『変則二つ折りタイプ』をベースに、より小型化した上で、札入れへのアクセスも改善した自分用3号を作ってみることにしました。


と、前置きが長くなりましたが、今日は型紙ベースでの検討です。

まず、スマホポケットの底を「箱マチ」にして札入れの底と縫製を一体化することで約2cmの長さ圧縮、そして上辺もラウンドファスナー式の長財布を変則二つ折りにすることで約2cmの圧縮で、ポーチ全体の全長を約20cm→約16cmまで圧縮できました。(ファスナーの取付位置の関係でファスナーテープが札に干渉しないよう幅は+4mmです)
s20190331_1.jpg s20190331_2.jpg

次に札入れへのアクセス改善。左側は「マチあり」、写真右側は従来の「マチなし」です。
従来の「マチなし」ではファスナーを閉じたときにスライダーをフラップ側に寄せるデザインでしたが、「マチあり」では底付近に切れ込みを入れてマチを仕込むため、ファスナーを閉じたときにスライダーがポーチ背面に寄るデザインになりました。
s20190331_5.jpg

同じく、左側が「マチあり」右側が「マチなし」です。アクセスのしやすさは一目瞭然ですね。
s20190331_3.jpg s20190331_4.jpg

また、ファスナーの材質も、レザークラフトで一般的な金属ファスナーより樹脂製のコイルファスナーの方がテープが薄手ですっきりします。ということで、今日はここまで。
posted by sabimaster at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | レザークラフト

2019年03月29日

駐輪場シールプレート

駅前の月極駐輪場では、自転車に契約期限のシールを貼る必要があります。
このシールが曲者で、契約更新してシールを貼り替える度に糊や台紙の一部が残ったり、あるいはシール部分だけ日焼けの加減が違って跡が残ったり…となります。

そこで、2mm厚の革でこんなモノを作ってみました。
s20190329_1.jpg

ちょうどシールを貼れるサイズのレザープレートです。
s20190329_2.jpg

これを自転車に下げておけば、本体にシールを貼らなくても識別できますし、自転車を買い換えても一度剥がしてヨレヨレになったシールを貼らなくて済みます。(一応、プレートを盗まれないようにダイヤルキーで自転車に固定しています)
s20190329_3.jpg
posted by sabimaster at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | レザークラフト

2019年03月26日

箱マチの試作練習

ちょっと思うところがありまして、端切れを使って王道の箱マチを試作練習。
初めてにしてはボチボチかな?
s20190326_1.jpg

しかし、まだ底と側面を合わせる部分の革厚の逃がし方がいまいちシックリしません。
posted by sabimaster at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月24日

名刺入れ

3月は別れの季節…在職中は大変よくしてくれた職場の元部下の新たなる旅立ちが上手くいくよう祈念して名刺入れをプレゼントすることにしました。

型紙デザインは、昨年オーダー頂いた新卒女性用のヌメ革名刺入れと同じですが、今回は三十路の男性用なのでブラックにしてみました。形は同じでも、色を変えるだけでずいぶん凜々しくなりますね。
s20190324_1.jpg s20190324_4.jpg

s20190324_2.jpg s20190324_3.jpg
posted by sabimaster at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | レザークラフト

2019年02月13日

100均の活字でヌメ革刻印

100円ショップのキャン・ドゥーでプラスチック製活字を見つけ、とりあえずアルファベットを3セットほど買ってみました。
セット内容はシンプルで、プラスチック製の活字(アルファベットと数字)と、活字を並べて装着するガイドが入っています。同じシリーズで、絵文字やひらがなもあります。
これをクッキーの生地に押して焼けば、文字入りのオリジナルクッキーが作れるというものですが、今回はこれをレザークラフトに転用します。

純正のガイドは手押しを想定していて使いにくいので、活字を張り付ける板を作ります。花子で穴あけ位置を描いて印刷し、2mm厚のアクリル板に両面テープで張り付けてから、ホビーユース用のルーターで一つずつ穴をあけます。穴径はφ3oです。
s20190213_1.jpg s20190213_2.jpg

穴が開いたら紙をはがして出来上がり。レザークラフト用の2o幅の両面テープで活字を貼り付けるだけ。写真上は純正のガイドです。
s20190213_3.jpg

これでヌメ革に刻印した作品がこちら。
金属製のちゃんとした刻印に比べると輪郭が甘いですが、文字の並びはきれいに決まってます。324円(税込)でこれだけ出来れば十分ですね。
s20190213_5.jpg s20190213_4.jpg
s20190213_6.jpg
posted by sabimaster at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | レザークラフト

2019年02月11日

勉強机・なぜか次女編

できあがったチビ長男の勉強机を見た次女が「私も座卓型じゃなくてイス型がいいなぁ…」と言い出したので、次女の机もプチ改造ビフォー・アフター。(≧▽≦)

左が改造前の座卓型、右が改造後のイス型です。
基本仕様はチビ長男の勉強机と全く同じ。
s20190211_1.jpgs20190211_4.jpg

こちらも2年間の使用で天板がすすけていたので、磨き直して再塗装しました。
s20190211_2.jpgs20190211_3.jpg

さあ、しっかり勉強してもらおうか…。(^^)
posted by sabimaster at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 非売品

2019年02月09日

勉強机・チビ長男編

1週間越しで、ようやく長女の机の荏油が乾いて荷物を引っ越したので、チビ長男の勉強机に着手。

まずは引っ越し後の状態。
一応、PVCのデスクカバーを使ってたんですが、間に時間割やら手紙やらを挟んでいたので、鉛筆や印刷物のインクで天板がすすけています。
s20190209_1.jpg s20190209_2.jpg

これをいったん解体して…
s20190209_3.jpg

ランダムサンダーで天板の表面を磨いて、汚れ、古い塗膜、細かい傷を削って滑らかにします。
s20190209_5.jpg

磨き終わった天板には、艶消しニスを再塗装。モノを落としてへこました箇所などは少し残りましたが、見違えるようにきれいになりました。
s20190209_4.jpg

チビ長男のたっての希望で、机のポール類は水性ペンキでエメラルドグリーンに塗装します。元々、ミディアム・オーク色に着色していたので、下地の色は見えなくなるよう3回塗装しました。
s20190209_6.jpg

ペンキが乾いたら組み立てていきます。今回はチビ長男の机もイス型に改造するので、ポールは買い増しています。
s20190209_7.jpg

収納力の向上と足下ポールの補強を兼ねて、足下には棚板を2枚入れます。幅45cmクラスのカラーボックス用に売っているケースを並べれば最大4個入ります。天板が奥行50cmしかないので、奥行25cmの棚板が足に当たりにくいよう、角を切り欠きしてポールの奥まで棚板を入れ込みます。
s20190209_8.jpg

そして完成〜。
デスクライトは、オーム電気のLEDバーライト「LT-NLD85D-HN」。このライトはACアダプタ式ではなく電源内蔵で、ケーブルがすっきりしているので、コンセント周りも邪魔になりません。
s20190209_9.jpg s20190209_10.jpg

早速、公文にいそしむチビ長男、この調子でしっかり勉強してよ〜(^o^)9
s20190209_11.jpg
posted by sabimaster at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 非売品