2019年02月13日

100均の活字でヌメ革刻印

100円ショップのキャン・ドゥーでプラスチック製活字を見つけ、とりあえずアルファベットを3セットほど買ってみました。
セット内容はシンプルで、プラスチック製の活字(アルファベットと数字)と、活字を並べて装着するガイドが入っています。同じシリーズで、絵文字やひらがなもあります。
これをクッキーの生地に押して焼けば、文字入りのオリジナルクッキーが作れるというものですが、今回はこれをレザークラフトに転用します。

純正のガイドは手押しを想定していて使いにくいので、活字を張り付ける板を作ります。花子で穴あけ位置を描いて印刷し、2mm厚のアクリル板に両面テープで張り付けてから、ホビーユース用のルーターで一つずつ穴をあけます。穴径はφ3oです。
s20190213_1.jpg s20190213_2.jpg

穴が開いたら紙をはがして出来上がり。レザークラフト用の2o幅の両面テープで活字を貼り付けるだけ。写真上は純正のガイドです。
s20190213_3.jpg

これでヌメ革に刻印した作品がこちら。
金属製のちゃんとした刻印に比べると輪郭が甘いですが、文字の並びはきれいに決まってます。324円(税込)でこれだけ出来れば十分ですね。
s20190213_5.jpg s20190213_4.jpg
s20190213_6.jpg
posted by sabimaster at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | レザークラフト

2019年02月11日

勉強机・なぜか次女編

できあがったチビ長男の勉強机を見た次女が「私も座卓型じゃなくてイス型がいいなぁ…」と言い出したので、次女の机もプチ改造ビフォー・アフター。(≧▽≦)

左が改造前の座卓型、右が改造後のイス型です。
基本仕様はチビ長男の勉強机と全く同じ。
s20190211_1.jpgs20190211_4.jpg

こちらも2年間の使用で天板がすすけていたので、磨き直して再塗装しました。
s20190211_2.jpgs20190211_3.jpg

さあ、しっかり勉強してもらおうか…。(^^)
posted by sabimaster at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 非売品

2019年02月09日

勉強机・チビ長男編

1週間越しで、ようやく長女の机の荏油が乾いて荷物を引っ越したので、チビ長男の勉強机に着手。

まずは引っ越し後の状態。
一応、PVCのデスクカバーを使ってたんですが、間に時間割やら手紙やらを挟んでいたので、鉛筆や印刷物のインクで天板がすすけています。
s20190209_1.jpg s20190209_2.jpg

これをいったん解体して…
s20190209_3.jpg

ランダムサンダーで天板の表面を磨いて、汚れ、古い塗膜、細かい傷を削って滑らかにします。
s20190209_5.jpg

磨き終わった天板には、艶消しニスを再塗装。モノを落としてへこました箇所などは少し残りましたが、見違えるようにきれいになりました。
s20190209_4.jpg

チビ長男のたっての希望で、机のポール類は水性ペンキでエメラルドグリーンに塗装します。元々、ミディアム・オーク色に着色していたので、下地の色は見えなくなるよう3回塗装しました。
s20190209_6.jpg

ペンキが乾いたら組み立てていきます。今回はチビ長男の机もイス型に改造するので、ポールは買い増しています。
s20190209_7.jpg

収納力の向上と足下ポールの補強を兼ねて、足下には棚板を2枚入れます。幅45cmクラスのカラーボックス用に売っているケースを並べれば最大4個入ります。天板が奥行50cmしかないので、奥行25cmの棚板が足に当たりにくいよう、角を切り欠きしてポールの奥まで棚板を入れ込みます。
s20190209_8.jpg

そして完成〜。
デスクライトは、オーム電気のLEDバーライト「LT-NLD85D-HN」。このライトはACアダプタ式ではなく電源内蔵で、ケーブルがすっきりしているので、コンセント周りも邪魔になりません。
s20190209_9.jpg s20190209_10.jpg

早速、公文にいそしむチビ長男、この調子でしっかり勉強してよ〜(^o^)9
s20190209_11.jpg
posted by sabimaster at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 非売品

2019年02月02日

勉強机・長女編〜久々の木工

春からチビ長男が小学校に上がるため、勉強机を用意することになりました。
ただ、高学年になり荷物が増えてきた長女の座卓型勉強机(天板サイズ幅85cm×奥50cm)が手狭になってきていたので、今回は長女用に天板サイズを幅91cm×奥60cmにしたイス型勉強机を新設し、長女の座卓型をリペア改造して長男用にリメイクすることにしました。

ということで、まずは長女用の新作を製作。
s20190202_1.jpg

汚し癖があるくせに「自然な風合いの無垢がいい」と一丁前なことを言う長女の要望を叶えるため、荏油のオイルフィニッシュにトライしてみました。
s20190202_2.jpg

写真左側が塗る前(無垢)で、右側が塗った後。
s20190202_3.jpg

古いタオルに油を染みこませて塗り広げるだけなので、塗る作業自体はニスよりずっと楽です。
ただ、気温が低いので仕方ないところもあるけれど塗布してから3日たったのにまだ乾かない。そして、荏油特有の臭いもなかなか…

新しい机に長女の荷物を引っ越さないと、チビ長男の本丸に掛かれないので、早く乾かないかな〜(´・ω・`)
posted by sabimaster at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 非売品

2018年11月11日

パソコンバッグ〜製作編2

先日の続き。
ファスナーを付けたら、中表にして脇を縫い合わせます。この時、中のマチを片方だけ縫っておきます。
s20181111_1.jpg

表に返して…
s20181111_2.jpg s20181111_3.jpg

さらにマウス・AC電源を入れるポケットの方から、マチの残った辺を縫い合わせます。
s20181111_5.jpg s20181111_6.jpg

これで完成!
マウスやAC電源をパソコンの横に入れる仕様なので、一般的なパソコンバッグより幅は広めです。
s20181111_7.jpg s20181111_4.jpg

パソコンを入れる主室。12.5インチのDynabook V72に極小USBメモリを付けたまま入ります。
s20181111_8.jpg

マウスとAC電源を入れる副室?こちらもピッタリサイズ。
s20181111_9.jpg

そして、ケーブル類を入れるポケット。
s20181111_10.jpg

ビジネスリュックのPCスペースにもスッポリ入ります。
s20181111_11.jpg
posted by sabimaster at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | レザークラフト

2018年11月07日

パソコンバッグ〜製作編1

昨夜の進捗、革を切り出して、トコ面を処理して、外ポケットのファスナー縫い付けまで。
牛革のソフトレザーを使ってますが、やっぱり切りにくいし縫いにくい…(´・ω・`)
s20181107_2.jpg

今回、トコ面は裏地を兼ねられる織地の接着芯を貼りました。
熱をかけ過ぎると革が寸法変化するので、思ってたより貼りにくかったけど、この大きさになるとトコノールで全面磨くよりは楽だったかな?
s20181107_1.jpg
posted by sabimaster at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | レザークラフト

2018年10月31日

パソコンバッグ〜検証編

新しく買った通勤リュックのパソコンスペースに入れやすい薄いインナーケースを作ろうと思い立ち、まずはミニチュア試作。
s20181031_1.jpg s20181031_2.jpg

久々のレザークラフトで、ラウンドファスナーも縫い目もグダグダ…ですが、初めてチャレンジした脇のベースボールステッチは、まずまずか。(^。^;)
s20181031_3.jpg
posted by sabimaster at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | レザークラフト

2018年09月10日

さようなら自作椅子

長女が小学生に上がるときに作った学習机の椅子

私の作品の中で唯一の椅子にして、市販の姿勢矯正椅子を模した斬新な(?)デザインでした。
s20180909_1.jpg s20180909_2.jpg

その後の転居に伴い、学習机の椅子としての役割は終えて、次女の食卓椅子として頑張ってくれていましたが、子ども達の成長に伴い当初想定の耐荷重を大幅に超え、破損する頻度も増えてきたので、引退することになりました。

3年半、本当にありがとう。
s20180909_3.jpg

posted by sabimaster at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月17日

iQOSケース

弟の誕生日プレゼントに電子タバコのケースをプレゼントすることにしました。
それとなく聞いてみると、銘柄は「iQOS」というのを使ってるらしいので調べてみると、タイプは一つしかないようです。
本体(充電チャージャー):L111mm×W50mm×D15mm
ホルダー(吸い口?):L94mm×φ14mm
ヒートスティックの箱:L50mm×W75mm×D18mm

また、ホルダー(吸い口?)は普段はチャージャーの中に収納しておくようで、市販のiQOSケースを見てみてもチャージャーとスティックの箱をセットで収納するタイプが大半でした。

ということで、先日試作した携帯筆入れの形を応用して、iQOS用の型紙を新規で描き起こしました。
s20180614_1.jpg

完成図がこちら。
材質はヌメ革。裏にナスカンを付けて、腰から下げられるようにしてあります。
s20180617_1.jpg s20180617_2.jpg

s20180617_3.jpg

自分では持っていないアイテム用のケースなので、ホントにちゃんと入るかどうかはぶっつけ本番で。(^^;)
posted by sabimaster at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | レザークラフト

2018年05月28日

携帯筆入れ試作

悪筆な私ですが、実は文具好きです。
昔、「矢立」という携帯筆入れに憧れたことがありました。細筆を入れる筒と墨を入れる小容器がセットになったもので、腰に下げて持ち歩き、外で筆記出来る道具です。昔の人はオシャレですよね。
今回はそれを思い出して、愛用の多色ペンを入れられるレザー製の携帯筆入れを試作してみることにしました。

いきなり完成図です。
革はオイルレザーの焦げ茶を使いました。フラップ付きの細長いケースで、多色ペンが2本と15cm以下の物差しが1本入れられます。裏側にはズボンのベルト通しに引っかけるナスカンが付いています。
s20180528_1.jpg s20180528_3.jpg

フラップを開けたところはこんな感じ。
フラップ裏はアクセントにオレンジのオイルレザーを使いました。
s20180528_2.jpg

実際に腰に下げたらこんな感じ。
s20180528_4.jpg

サイズ感はバッチリでしたが、今回は1mm厚のレザーを使ったのでちょっと保形性に難がありました。
スマホポーチ同様1.5mm厚くらいが具合が良さそうです。
posted by sabimaster at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | レザークラフト